第47回東北地区高等学校演劇発表会について2014年12月21日 20時41分00秒

東北大会が終了しました。関係各位のみなさま、お疲れさまでした。

【大会の結果】
・上演部門
最優秀=いわき総合「ちいさなセカイ」
優秀=名取北「父を騙す」、八戸東「Dig」、青森中央「エレクトリック女子高生」(上演順)
優良=白石、盛岡農業、保原、新庄南、久慈、村山産業、盛岡工業、大曲、能代
創作脚本=名取北「父を騙す」
・生徒講評部門
優秀=八戸聖ウルスラ、横手、仙台三桜、会津若松ザベリオ学園、盛岡第二、盛岡第三、盛岡第四、花巻南、黒沢尻北
▼上演部門・いわき総合を2015滋賀 びわこ総文(2015年7月30日~8月1日、ひこね市文化プラザ)に推薦。
▼生徒講評部門・盛岡第三の生徒もびわこ総文・生徒講評部門に推薦。
○上演部門・名取北を第9回春季全国高等学校演劇研究大会(フェスティバル2015 2015年3月20日~22日、サンポートホール高松)に推薦。
---
1.名称 第47回東北地区高等学校演劇発表会
      兼第39回全国高等学校総合文化祭演劇部門予選会
      兼第61回全国高等学校演劇大会予選会
2.目的 東北地区各県代表の演劇を上演し、高校演劇を正しく発展させるためにその在り方を研究し、技術の習得を図るとともに、生徒の豊かな情操を育てることを目的とする。
3.主催 東北地区高等学校演劇協議会 全国高等学校演劇協議会
4.共催 東北地区高等学校文化連盟 岩手県高等学校文化連盟
5.後援 文化庁 岩手県教育委員会 北上市教育委員会
      IBC岩手放送 テレビ岩手 めんこいテレビ 岩手朝日テレビ
      岩手日報社 岩手日日新聞社
6.助成 日本芸術文化振興会
7.特別協賛 東京工科大学 日本工学院
8.協賛 四国学院大学 桐朋学園芸術短期大学 多摩美術大学
9.主管 岩手県高等学校文化連盟演劇専門部 岩手県高等学校演劇協議会
10.実施 第47回東北地区高等学校演劇発表会実行委員会
11.期間 2014年12月19日(金)~21日(日)※17,18日はリハーサル
■12月19日(金)
  9:30 開場
9:50 歓迎アトラクション
 10:00 開会式
 11:00 上演1 宮城県白石高等学校
           トロイの木馬
小田綱与/作 ●
 12:50 上演2 岩手県立盛岡農業高等学校
           カラフルメリィでオハヨ-いつもの軽い致命傷の朝-
           ケラリーノ・サンドロヴィッチ/作、松田隆/潤色
 14:20 上演3 福島県立保原高等学校
        今昔鹿物語
           保土原りん/作、保原高校演劇部/潤色 ●
 15:50 上演4 山形県立新庄南高等学校
           うたかた-はなまぼろしより-
           中鉢汐里/作 ○
 17:20 上演5 岩手県立久慈高等学校
           眠れる君へ
           南朗子/作 ○ (18:20)
■12月20日(土)
  9:30 開場
 10:00 上演6 宮城県名取北高等学校
           父を騙す
           安保健+名北演劇部/作 ◎
 11:30 上演7 山形県立村山産業高等学校
           こころ
           芦野流衣・松田華林/作 ○
 13:20 上演8 青森県立八戸東高等学校
           Dig
           八戸東高校演劇部/作 ○
 14:50 上演9 岩手県立盛岡工業高等学校
           超正義の人
           大垣ヤスシ/作、盛岡工業高校演劇部/潤色
 16:20 上演10 秋田県立大曲高等学校
           まにあうかもしれない
           佐々木繁樹/作 ● (17:20)
■12月21日(日)
  9:30  開場
 10:00 上演11 福島県立いわき総合高等学校
           ちいさなセカイ
           いわき総合高校演劇部/原案、齋藤夏菜子/構成・脚本 ◎
 11:30 上演12 秋田県立能代高等学校
           ピーターパン
           浅野純実/作 ○ 
 13:20 上演13 青森県立青森中央高等学校
           エレクトリック女子高生
           畑澤聖悟/作 ●
 14:30 生徒講評委員による講評
 15:00 映画『幕が上がる』紹介
 15:10 審査員講評 
 16:30 閉会式 (17:00)
※ ●=顧問創作、○=生徒創作、◎=顧問・生徒創作、無印=既成
12.会場 北上市文化交流センター さくらホール中ホール(定員450名)
       岩手県北上市さくら通り2-1-1
(JR北上駅より車で10分、東北自動車道北上・江釣子ICより車で10分、駐車場台数680台)
    http://www.sakurahall.jp/
 0197-61-3300
13.入場料 無料
14.出場校 
■上演部門
白石・盛岡農業・保原・新庄南・久慈・名取北・村山産業・八戸東・盛岡工業・大曲・いわき総合・能代・青森中央
■生徒講評部門
八戸聖ウルスラ・横手・山形東・仙台三桜・会津若松ザベリオ学園・盛岡第三・盛岡第二・黒沢尻北・盛岡第四・花巻南
15.審査員 野崎美子・光瀬名瑠子・大森健一・影山吉則・大石和彦(順不同・敬称略)
16.参加料 1校=50,000円
17.内容
 (1) 上演部門・講評部門を開催する。
 (2) 上演部門においては、各県代表により上演された審査作品を審査し、その成績を下記のとおり表彰する。
     最優秀賞(1校) 文部科学大臣賞 全国高等学校演劇協議会会長賞 東北地区高等学校演劇協議会会長賞
     優秀賞(3校)  東北地区高等学校演劇協議会会長賞
     優良賞(9校)  東北地区高等学校演劇協議会会長賞
     創作脚本賞(1本) 全国高等学校演劇協議会会長賞
 (3) 最優秀賞校を第39回全校高等学校総合文化祭演劇部門へ東北代表として推薦する。また、原則として優秀賞校の1校を第9回春季全国高等学校演劇研究大会(フェスティバル2015)へ東北代表として推薦する。
 (4) 生徒講評部門においては、各県代表生徒による主体的な講評活動を行い、講評文を速報として発表する。
     生徒講評委員は、東北各県代表10名(青森・秋田・宮城・山形・福島は各1名、岩手は5名)
 (5) 優れた講評活動を行った生徒講評委員1名を、第39回全国高等学校総合文化祭演劇部門へ東北地区代表として推薦する。
 (6) 高等学校演劇協議会総会を開催し、情報交換および研究協議を行うことによって、教育活動の発展に寄与する。
18.出場校打合せ会 12月1日(月)
19.大会事務局 岩手女子・高橋( 019-623-6467 )

※ 9月12日 記事を掲載しました。
※ 10月20日 上演校・生徒講評部門参加校を追加しました。
※ 10月26日 岩手A・岩手B・岩手Cの上演順を追加しました。
※ 11月9日 上演校を追加しました。
※ 11月16日 上演校を追加しました。
※ 11月19日 上演順などを補足しました。
※ 11月21日 生徒講評部門参加校を追加しました。
※ 11月24日 上演校・生徒講評部門参加校が確定しました。
※ 12月1日 上演順・演目などを追加しました。
※ 12月17日 プログラムを追加・訂正しました。
※ 12月21日 大会結果を追加しました。なお、生徒講評部門に出場予定だった山形東の生徒は事情により参加を辞退しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://i-stage.asablo.jp/blog/2014/09/12/7433798/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。