衝劇祭2007 in盛岡 文月奈緒子作品集2007年09月19日 23時31分28秒

衝劇祭2007特別プロデュース Gin’s Bar・いのちの洗濯劇場・蝶の骨 共同企画    
文月 奈緒子作品集 「GO!」 「ダウン」 「スリップ」
-独 ふたり 三人芝居-  仙台・盛岡・新潟 三作品三都市縦横断公演  
■作/文月 奈緒子   演出/井伏 銀太郎
■日時/9月29日(土)19時 30日(日)14時 (開場30分前)
■会場 いわてアートサポートセンター「風のスタジオ」
〒020-0878 岩手県盛岡市肴町4-20永卯ビル3F Tel 019-604-9020
盛岡市肴町アーケード近くの、平金パステル館斜め向かいです。
■入場料一般前売り 2,000円 学生前売り 1,000円(当日500円増し)
■問い合わせ・予約電話050-7545-4533(19時から22時まで)
Gin’s Bar ホームページ http://www.ginsbar.com
作品紹介/「GO!」 彼女の家を目指して車を走らせる青年。
しかし極度の方向音痴の彼は、
目指せば目指すほど目的の場所からどんどん離れていってしまう
果たして彼は彼女の元に
無事たどり着けるのか?本企画の為の書き下ろし作品。

「ダウン」母親の葬式の晩、彼女の経営していた居酒屋で鍋を囲む姉弟。
どこかかみ合わない二人の会話から、次第に明らかになる家族の暗部。

「スリップ」人とぶつかっただけで、 その相手と意識が入れ替わるように
なってしまった男。
彼はたまたま出会ったカップルを弄ぶように、何度も意識の交換を重ねる。
それぞれの思惑が交錯し、 お互いの身体を奪い合うようになった三人の
行き着く先は?

■文月奈緒子 劇作家 (仙台市在住) 女性にまつわる様々な問題を
幻想的かつリアルに
描く作風は "きれいで怖い"と評される。 平成10年度宮城県芸術選奨新人賞受賞
2001年「風の通る場所」が"第7回劇作家協会新人戯曲賞"の最終候補作となる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://i-stage.asablo.jp/blog/2007/09/19/1817972/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。