【10/17-19】第42回岩手県高等学校総合文化祭演劇部門発表会について2019年10月17日 06時26分00秒

このことについて、以下のとおりお知らせします。

第42回岩手県高等学校総合文化祭演劇部門
第45回岩手県高等学校演劇発表大会

1.主催 岩手県教育委員会、岩手県高等学校文化連盟
2.主管 岩手県高等学校総合文化祭実行委員会、岩手県高等学校2文化連盟演劇専門部
3.後援 岩手県高等学校校長協会、岩手県高等学校教育研究会、
      盛岡市・盛岡市教育委員会
4.期日 2019年(令和元年)10月17日(木)~19日(土)
     ※16日(水)はリハーサル
5.会場 岩手県民会館大ホール(岩手県盛岡市内丸13番1号 019-624-1171 )
6.入場 無料
7.審査員 稲葉智己、千葉雅子、ベロ・シモンズ(五十音順、敬称略)
8.上演部門出場校 
  10/17(木)
  1240 開場
  1300 開会式
  1330 上演1 不来方 「雨のにおいを好きになる方法」(みそら/作) ○
  1500 上演2 岩手女子 「バーベナ」(岩手女子高演劇部/作) ○
  1630 上演3 盛岡南 「待て、セリヌンティウス。」(猿橋勇人/作、太宰治/原作) ★
  10/18(金)
   940 開場
  1000 上演4  岩谷堂 「四面楚華」(北條彩歌/作) ○
  1130 上演5  盛岡第三 「主にりんごのせい」(佐藤七花/作) ○
  1320 上演6  盛岡第一 「小規模で憂鬱なわたしの冒険」(盛岡一高演劇部/作) ◎
  1450 上演7 盛岡市立 「私のねがい」(盛岡市立高演劇部/作) ○
  1620 上演8  大船渡 「あの日、君は、花がほころぶように笑った」(多田知恵子/作) △
  10/19(土)
   940 開場
  1000 上演9 久慈 「三陸海岸殺人事件」(戸田昌征/作、松田隆/脚本)          
  1130 上演10 盛岡スコーレ 「話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った。(舞台編)」(久野那美/作) 
  1320 上演11 千厩 「鳥谷ヶ崎高校バーニングドラマクラブ」(佐々木玲奈/作) ○
  1510 生徒講評委員による講評
  1610 全体講評
  1700 閉会式(1715終了予定)
   ○=生徒創作、◎=生徒顧問創作、△=創作、★=既成(書き下ろしだが、既成扱い)、無印=既成
10.生徒講評部門出場校
   福岡(2名)、盛岡白百合学園、盛岡第二、盛岡第四、盛岡工業、花巻南(3名)、黒沢尻北、水沢、一関第二
11.表彰
   上演部門=最優秀賞(1校)、優秀賞(4校)、優良賞(6校)
   ・最優秀賞、優秀賞1席の2校を東北大会(宮城大会)に推薦
   生徒講評部門=最優秀生徒講評委員(1名)、優秀生徒講評委員(11名)
   ・最優秀生徒講評委員1名を東北大会(宮城大会)に推薦
12.大会事務局
   盛岡スコーレ高等学校

▽8/12 大会の概要を掲載しました。
▽8/20 上演順と上演時間(予定)を更新しました。
▽9/23 審査員と生徒講評部門出場校を更新しました。
▽10/17 演目などを。更新しました。

【終了】県南地区大会について(非公式)2019年08月11日 18時01分00秒

標記について、以下のとおりお知らせします。
なお情報は非公式なものです。確認が取れ次第、公式なものと差し替えます。

令和元年度 岩手県南地区高等学校演劇合同発表会
岩手県高等学校演劇発表会 県南地区予選
一関文化センター中ホール 入場無料
主催 岩手県高等学校文化連盟演劇専門部
   県南地区高等学校演劇協議会 (大会事務局=黒沢尻北)
優秀賞=大船渡、千厩、岩谷堂(3校を県大会に推薦)
優良賞=水沢、一関第二、黒沢尻北、北上翔南(4校)
創作脚本賞=千厩、岩谷堂(2本)
演技賞=大船渡・天音役、千厩・宝木役、北上翔南・楓役(3名)

8/10(土)
 9:15 開場
 9:30 開会式
10:00 上演1 水沢 「チキン・カレー」(溝口勲/作、水沢高校演劇部/潤色)
11:30 上演2 大船渡「あの日、君は、花がほころぶように笑った」(多田知恵子/作) ○
13:20 上演3 千厩 「鳥谷ヶ崎高校バーニングドラマクラブ」(佐々木玲奈/作) ○
14:50 上演4  一関第二 「ゆうやけの歌」(佐藤洋/作、一関二高演劇部/潤色) ○
16:20 上演5  黒沢尻北 「もとひかる」(成田紫野/作)★ 
8/11(日)
 9:15 開場
10:00 上演6 岩谷堂 「四面楚華」(北條彩歌/作) ○
11:30 上演7 北上翔南 「楓」(水無瀬達央/作)○
13;50 全体講評
15:20 閉会式
○=創作、無印=既成(★上演5も書き下ろしですが、既成扱い)

審査員  安保健、八木絵里、八巻寿文(五十音順・敬称略)

※7/28 概要を掲載しました。
※7/31 作者名のデータを追加、訂正しました。
※8/9 上演時間と日程を訂正しました。
※8/10 全体講評の時間を訂正しました。
※8/11 大会結果を掲載しました(ただし非公式)。

【終了】県央・南盛岡地区2019年08月08日 07時45分00秒

令和元年度 岩手県高等学校総合文化祭演劇部門県央・南盛岡地区発表会(第73回岩手県 県央・南盛岡ブロック高校演劇研究発表会)の結果は以下の通りです。

1.期日 令和元年8月6日(火)、7日(水)
2.会場 岩手県民会館中ホール
3.主催 岩手県高等学校文化連盟、県央・南盛岡ブロック高校演劇連盟 (大会事務局=盛岡南)
4.発表校 10校
5.表彰 優秀賞=不来方、岩手女子、盛岡南、盛岡スコーレ、盛岡市立(上演順。5校を県大会に推薦)
      優良賞=花巻南、紫波総合、盛岡第二、盛岡工業、盛岡第四(上演順)
      優秀創作脚本賞=盛岡市立
      俳優賞=不来方(橘)、紫波総合(山口)、盛岡第四(櫻井)
※役名で記しています
舞台賞=花巻南
6.審査員 大志田まご オノマ リコ 西田直人 (順不同・敬称略)
7.入場料 無料
8.日程
 8/6(火)
  9:20 開場
  9:30 開会式
 10:00 上演1 花巻南「アマヤドリ」(西井宙輝・嶋田涼太・高梨辰也/作、花巻南高校演劇部/潤色)
 11:20 上演2  不来方「雨のにおいを好きになる方法」(みそら/作)○
 13:10 上演3 岩手女子「バーベナ」(岩手女子高演劇部/作)○
 14:30 上演4  紫波総合「わたしの台本」(佐藤京介/作)
 15:50 上演5  盛岡南「待て、セリヌンティウス。」(猿橋勇人/作、太宰治/原作) ★
 8/7(水)
  9:30 開場
 10:00 上演6 盛岡スコーレ「話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。今ここにないものの話ばかりしようと思った」(久野那美/作)
 11:20 上演7  盛岡第二「みのる花、のぞむ想い、むすぶ夢。」(神田伶/作)○
 13:10 上演8  盛岡工業「仮面の人形」(中村聖都/作)○
 14:30 上演9 盛岡第四「エトワール」(北田なつき/作)○
 15:50 上演10 盛岡市立「私のねがい」(盛岡市立高校演劇部/作、畠山双葉/原案) ○
 17:20 講評
 18:00 閉会式
 ※ ○=創作、無印=既成(★も書き下ろしだが既成扱い)
・各校の上演時間は60分を予定しています。
・当研究発表会はコンクールの性格を有するため、各校の上演途中での入退場はお断りしております。各校の上演時間に合わせてご来場をお願いします。
・上演開始後は中ホールホワイエでモニター鑑賞をお願いします。あらかじめご了承ください。

▽7/28 概要を掲載しました。
▽7/30 盛岡第二の演目を追加しました。
▽7/31 審査員を訂正しました。
▽8/2 大会事務局校を追加しました。
▽8/3 演目・作者を追加しました。
▽8/5  盛岡第二の演目を訂正しました。
▽8/8 大会結果を追加しました。

【終了】県北・北盛岡地区発表会について2019年08月04日 21時25分00秒

令和元年度岩手県高等学校文化連盟演劇専門部 県北・北盛岡地区発表会(第73回県北・北盛岡ブロック高校演劇研究発表会)が終了しました。結果は以下の通りです。

1.期日:令和元年(2019年)8月3日(土)・4日(日)
      ※リハーサルは8月2日(金)
2.会場 岩手県民会館中ホール(盛岡市内丸13-1 019-624-1171)
3.主催 岩手県高等学校文化連盟演劇専門部
      県北・北盛岡ブロック高等学校演劇連盟
4.上演校 岩手県高等学校演劇専門部 県北・北盛岡地区
       (県北・北盛岡ブロック高等学校演劇連盟) 加盟校9校
5.表彰 優秀賞 久慈・盛岡第一・盛岡第三(上演順・3校)
      優良賞 福岡・盛岡大附属・平舘・盛岡白百合学園・盛岡北・盛岡農業(上演順・6校)
      特別賞 俳優賞 盛岡第一(イツキ)・平館(京篤夢)・盛岡第三(姉)※役名を記しています
            舞台技術賞 盛岡第三
            演出賞 久慈
6.審査員 安保健・中村真生・日坂さと(敬称略・五十音順)
7.運営 岩手県高等学校演劇専門部(県北・北盛岡地区)
      県北・北盛岡ブロック高等学校演劇連盟
      (事務局:福岡高等学校)
8.上演日程
 8月3日(土)
  9:00 開場
  9:20 開会行事
 10:00 上演1 福岡「見えないI(あい)」(滝澤百合恵と福岡高校演劇部/作) ○
 11:20 上演2 (杜陵=出場辞退)
 13:00 上演3 久慈「三陸海岸殺人事件」(戸田昌征/原作、松田隆/潤色)
 14:20 上演4 盛岡第一「小規模で憂鬱なわたしの冒険」(盛岡第一高校演劇部/作) ○
 15:40 上演5 盛岡大学附属「三妖怪怪奇譚」(小山田いまり/作) ○
 17:00 上演6 平舘「ひとりぼっちの天体」(松浦日向/作)(18:00)
 8月4日(日)
  9:00 開場(予定)
  9:40 上演7 盛岡白百合学園 「エイリアンズ」(盛岡白百合学園高等学校演劇部/作) ○
 11:00 上演8 盛岡北 「その絆はマーガレットの如く」(金子百音/作) ○
 12:40 上演9 盛岡農業 「空の桶」(山田裕凪/作) ○
 14:00 上演10 盛岡第三 「主にりんごのせい」(佐藤七花/作) ○
 16:00 審査員講評
 16:40 閉会式(17:00)
○=創作、無印=既成
9.問い合わせ
 福岡高等学校・鳩岡(0195-23-1161)

▽6月13日 上演順を掲載しました。
▽7月30日 上演2の棄権について明記しました。
▽7月31日 作者・演目を追加しました。
▽8月3日 演目の一部を補足しました。
▽8月4日 結果を掲載しました。

【12/21~23・秋田市文化会館】東北大会について(終了)2018年12月24日 09時22分00秒

東北大会(秋田大会)について、以下のような結果となりました。

最優秀賞=ふたば未来学園『Indrah ~カズコになろうよ~』(さが総文に出場)
優秀賞=大館鳳鳴『青春トゥインクル』、仙台『stranger』、青森中央 『藍より青い海』(上演順)
創作脚本賞=仙台
春季全国推薦校=青森中央
---
1.名称 第51回東北地区高等学校演劇発表会
       兼 第43回全国高等学校総合文化祭演劇部門予選会
      兼 第65回全国高等学校演劇大会予選会
2.目的 東北地区各県代表の演劇を上演し、高校演劇を正しく発展させるためにその在り方を研究し、技術の習得を図るとともに、生徒の豊かな情操を育てることを目的とする。
3.主催 東北地区高等学校演劇協議会 全国高等学校演劇協議会
4.共催 秋田県高等学校文化連盟
5.後援 文化庁 秋田県教育委員会 秋田市教育委員会
       秋田魁新報社 NHK秋田放送局 ABS秋田放送 AKT秋田テレビ AAB秋田朝日放送 エフエム秋田
6.助成 日本芸術文化振興会
7.特別協賛 東京工科大学 日本工学院
8.協賛 桐朋学園芸術短期大学 多摩美術大学 四国学院大学 金井大道具株式会社
9.主管 秋田県高等学校文化連盟演劇部会 秋田県高等学校演劇協議会
10.実施 第51回東北地区高等学校演劇発表会実行委員会
11.期日 2018年12月19日(水)・20日(木) リハーサル
          12月21日(金)・22日(土)・23日(日)本番
12.会場 秋田市文化会館大ホール(1,188席)
      秋田市山王七丁目3-1 電話 018-865-1191 Fax 018-865-1195
https://www.city.akita.lg.jp/kurashi/rekishi-bunka/1002681/index.html
13.入場料 無料
14.日程
 12月21日(金)
    8:30 開場
    9:30 開会式
   10:00 上演1 大船渡(岩手) 多田知恵子/作 『椿と海』
   11:30 上演2 仙台三桜(宮城)篠原久美子/作、仙台三桜高校演劇部/潤色 『空の村号』
   13:30 上演3 大館鳳鳴(秋田) 渡邊愛理/作 『青春トゥインクル』
   15:00 上演4 仙台(宮城) 杉内浩幸/作 『stranger』
   16:30 上演5 黒石商業(青森) 村岡優美香/作『ノンフィクション』
    22日(土)
    8:50 開場
   10:00 上演6 酒田西(山形) 「あらしのよる」きむらゆういち/原作、阿部ひより・酒田西高校演劇部/脚色 『あたらしいあのよるに』
   11:30 上演7 盛岡市立(岩手) 狩野瑞樹/作『ババババーベキュー』
   13:30 上演8 秋田北 若頭ぐっち(橋口征司)/作、秋田北高等学校演劇部/潤色 『B・HAPPY』
  15:00 上演9 ふたば未来学園(福島) ふたば未来学園高校演劇部/作 『Indrah ~カズコになろうよ~』
   16:30 上演10 青森中央 畑澤聖悟/作 『藍より青い海』
    23日(日)
     8:50 開場
    10:00 上演11 聖霊女子短期大学付属(秋田) 岡村寛子/作、須川優姫/潤色 『私場所』
   11:30 上演12 山辺(山形) 豊島純子・武田美代子/作 『アイデンティティ』
    13:30 上演13 あさか開成(福島) ぼぶ☆れのん/作。あさか開成高等学校演劇部/潤色 『SHIROCK』
   15:00 生徒講評委員会全体講評
   15:40 審査員講評
   16:50 閉会式(17:30)
15.生徒講評部門参加校 八戸工業大学第二(青森)・盛岡大学附属(岩手)・新庄南(山形)・尚絅学院(宮城)・福島南・秋田中央・横手(秋田)・仁賀保(秋田)・秋田明徳館
16.審査員 古城十忍・林成彦・安保健・柾谷伸夫・高橋純(順不同・敬称略)
17.参加料 1校 50,000円(生徒講評部門・無料)
18.内容
   (1)上演部門・講評部門を開催する。
   (2)上演部門においては、各県代表により上演された演劇作品を審査し、その成績を下記のとおり表彰する。
   最優秀賞(1校)文部科学大臣賞 全国高等学校演劇協議会会長賞 東北地区高等学校演劇協議会会長賞
   優秀賞(3校) 東北地区高等学校演劇協議会会長賞
   優良賞(9校) 東北地区高等学校演劇協議会会長賞
   創作脚本賞(1本) 全国高等学校演劇協議会会長賞
   ○表彰式は12月23日(日)16時50分より。
   (3)最優秀賞校を第65回全国高等学校演劇大会(第43回全国高等学校総合文化祭(さが総文)へ東北代表として推薦する。また、原則として優秀賞校の1校を第13回春季全国高等学校演劇研究大会(春フェス2019)へ東北代表として推薦する。
   (4)生徒講評部門においては、各県代表生徒による主体的な講評活動を行い、講評文を発表する。
   (5)優れた講評活動を行った生徒講評委員1名を第65回全国高等学校演劇大会(第43回全国高等学校総合文化祭演劇部門)へ東北地区代表として推薦する。
   (6)高等学校演劇協議会総会を開催し、情報交換および研究協議を行うことによって、教育活動の発展に寄与する。
19.大会事務局
   秋田県立秋田明徳館高等学校 小松 理津子
    電話 018-833-1261 Fax 018-833-1261

▽12月12日 記事を掲載しました(※秋田北鷹高等学校・日景先生からいただいた情報を基に、管理者が編集しました)。
▽12月15日 生徒講評委員の参加校を追加しました。酒田西のデータを訂正しました。
▽12月24日 大会結果を掲載しました。